「発達障害」は発達の遅れがあるという意味ではなく、脳の中の心の機能がうまく働かず、学力や行動面、社会性などのある特定の領域に困難さがみられる状態をいいます。

また、発達障害と言っても、いろいろな種類があります。

PDD、自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害、知的障害・・・

発達障害の子どもの数だけ、症状も接し方も変わってくると言われています。中でも気になる学習障害に対応してくれる沖縄県にある塾を、紹介します。

発達障害の子どもを持つ親御さんはぜひ、参考にしてください。

目次

発達障害を持つ子どもの塾・家庭教師選びポイント

子どもが自閉症なのか、アスペルガー症候群なのか、学習障害なのか、それとも複合的に障害があるのか。

子どもが持つ個性・特性により選ぶ塾も変わってきます。わたしは指導側にも、保護者側にもなったことがある立場です。実際この2つの立場を経験してみてわかった発達障害の子どもの塾選びのポイントです。

  • マンツーマンであること
  • 先生がしっかりと子どもの障害についての理解をしてくれること
  • 何より子ども本人が勉強をしたいと思う環境であること

一人ひとり個性の違う子ども達を集団指導することは、とても難しいです。その点から、マンツーマンが良いでしょう。

そして、担任になってくれる先生が、どれだけ子どものことを理解しようとしてくれるかどうか。塾に行くからには、やはり成績アップさせたいですよね。先生が、子どもの個性を理解してくれない場合、通塾しても一向に成績が伸びません。

最後に、わたしたち親が、どんなに指導方針やその塾や家庭教師を気に入ったとしても、本人が拒絶した場合は無意味です。子どもが「行きたい」「学びたい」という気持ちになるよう、発達障害の子どもが通う塾は創意工夫をしてくれます。その中で、一番子どもが乗り気な場所に行かせてあげることが成績アップと長続きの秘訣です。

良い塾や環境は子どもに変化をもたらせてくれる

「お母さん、今日のテスト、全部マルだったよ!」

こんな風に、「できる」ことの喜び、小さな成功体験の積み重ねが発達障害を持つすべての子どもには、必要だと言われています。

わたしの息子も、おなじように小さなテストでも満点だと、とても前向きになってくれます。

もちろん、すぐに成果は現れません。

これは普通級のお子さんだってそうだと思います。

良い日もあり、悪い日もある。それを繰り返し、うれしい結果が待っているという事を一度でも体験すると、子どもはわたし親が思っている以上の成長を見せてくれます。

学習面はもちろん、感情の出し方、表情の豊かさ、発する言葉、多方面に良い変化をもたらせてくれるでしょう。

 

ただ、発達障害の場合、塾や家庭教師は難しいという子も・・

どれだけ優れた講師在籍し、システムが整備されている塾や家庭教師であっても、塾や家庭教師は難しい。うちの子供の場合はそうでした。

そこで、わたし自身教育関係者ということもあり、家庭でできる学習教材探しをし、吟味した結果たどり着いた「すらら」です。

「すらら」が発達障害の子どもにピッタリの理由はこちらです。

・学年にとらわれない無学年方式

現在の学年に関わらず、勉強がわからなくなった場所まで戻って学ぶことができます。
さかのぼり学習ができて、あいまいさをなくし、定着するまで自分のペースで学ぶことができます。

・理解に合わせて「反復」してくれるシステムがある

子ども一人ひとり、つまずく問題は違います。
「すらら」は、間違った問題に対してさまざまな形で同じ単元の少し違った問題を出してくれます。
これで、反復学習をさせてくれるのです。

・子どもが大好きな映像学習

タブレットを使って学習するので、「見て、聞いて、読んで、書いて」学ぶことができます。アニメーションを見ながらの学習になるので、飽きっぽい子どもにも好評です。

「すらら」は、普通級児童にも利用される通信教育講座です。実際全国の有名塾や、関西の有名私立校がカリキュラムに取り入れ指導しています。それぐらい、内容が充実していて、尚且つ自宅で取り入れられる優良タブレット教材なのです。

もし、成績の低迷や、何がわからないのかもわからない状態のお子さんに悩んでらっしゃるお母さんがいるなら、是非一度無料視聴してみてください。(YouTubeちゃんねるがあります)

手軽でリーズナブル、送迎もしなくて良く、しっかり学ばせてくれる「すらら」。

「すらら」を利用し、初めて中学校の定期テストに挑んだうちの息子は、全て平均点より上で、英語に関しては9割を越えていました!中間テストが終わってからは、良い点が取れるという成功体験を経験したからか、「すらら」に今まで以上にしっかり向き合うようになりました。一緒に勉強しているのですが、本当に「すらら」教材は良い学習システムだと思います。

 

>>すららの資料請求はこちらから

 

ただ、塾や家庭教師に通うと社会性が身に付くというメリットがあります。どちらがいいかお子さんの性格や希望なども考慮し選ぶと良いでしょう。

それでは、秋田にある発達障害向けの家庭教師を紹介します。

 

秋田にある発達障害向けの家庭教師

秋田にある、発達障害の子どもにも優しい家庭教師を派遣してくれる会社を紹介します。

秋田にある大手の家庭教師

大手の家庭教師として秋田でおすすめなのがこちらです。

  • 家庭教師のトライ

大手の家庭教師業者は、在籍講師数も多いので、発達障害のお子さんに対応可能な家庭教師を探しやすくなります。

 

また、家庭教師比較くらべーるを経由して入会すると20,000円の学習支援金を受けることができおすすめです。

 

発達障害のお子さんに適した家庭教師を効率的に見つけるためにもまずは一括で申し込むことをおススメします。

 

>>家庭教師比較くらべーるで資料請求を一気にする(入会時20,000円キャッシュバック)

 

家庭教師のトライ

全国No.1のシェアを誇るトライですが、秋田でも家庭教師を派遣可能です。

いくつかの地域では発達障害向けの家庭教師派遣実績もあり、学習計画も含め相談をしたうえで、最適な講師を選択することができるのではと思います。

その結果、ご家族がより前向きになれるようにサポートしています。

名前 家庭教師のトライ
コース
  • 小学生のコース・中学受験コース
  • 中高一貫専門コース
  • 中学生のコース・高校受験コース
  • 高校生向けコース・大学受験コース
  • 難関大学受験コース・医学部受験コース
  • 不登校のお子様向けコース
対応地域 秋田県
授業料 児童の目的に合わせた料金プランを作成
特徴 120万人の指導実績から生まれたトライ独自の学習法
在籍教師数 22万人以上

 

 

>>家庭教師比較くらべーるで資料請求(20,000円キャッシュバック)

秋田にある発達障害のお子さんにオススメの家庭教師

大手以外にも発達障害のお子さん向けの家庭教師があります。それぞれご参照ください。

家庭教師ファースト

学習障害やそれに近い特徴のある生徒さんには、適切な支援をすることでその困難が解消、もしくは軽減することができます。今日、学校教育の現場でも、発達障害に対応する塾や家庭教師等の習い事を推奨しています。家庭教師は、塾と違ってマンツーマンなので、一人ひとりの個性をしっかりと把握し、よりお子様に合った指導で生徒さんの学習をサポートします。

電話番号:0120-927-111

>>家庭教師ファーストの申し込みはこちら

KATEKYO学院

KATEKYOでは様々なお子様の指導を経験してきたプロ家庭教師がマンツーマン指導と個別担任制の特徴をいかし、発達障害で学校の授業についていけないお子様や、発達障害と確認したわけではないけれど遅れが目立つようになったお子様への学習指導を行います。

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

家庭教師のランナー

勉強の楽しさや正しいやり方さえわかれば、お子さんたちのやる気や成績はグーンと上がります。私たちランナーは根気強くやる気を作り、勉強のやり方・楽しさから教えます。お子さんのやる気になった顔を見るのが私たちの一番のやりがいです。

電話番号:0120-588-584

>>家庭教師のランナーの申し込みはこちら

家庭教師のアーク

https://www.arkstyle.co.jp/new_images/top/logo2.gif

当社では通常の学習指導はもちろん、 障害児教育においても多くの実績が あります。

特に発達障害児支援教育や療育の割合は高く、当社全生徒の約8割が発達障害を持っています。

電話番号:0120-056-955

>>家庭教師のアークの申し込みはこちら

学生家庭教師会

https://www.katekyohikaku.net/images/tutor/449/basic_449.jpg?1545379833

学生家庭教師会では「発達障害学習支援サポーター資格」を取得した社員を中心に専門的に発達障害、学習障害に向き合っています。

また、様々な理由から「学校に通うことのできないお子様」の不登校問題に長年取り組んできた実績をもとに解決へと導きます。

電話番号:0120-702-399

>>学生家庭教師会の申し込みはこちら

秋田スタディ・サポート

秋田スタデイ・サポートは派手なCMは出しておりませんが、校門チラシ配布や広告と口コミにて入会される生徒がほとんどです。地域密着型の家庭教師です。

電話番号:018-834-8634

>>秋田スタディ・サポートの申し込みはこちら

 

 

秋田県にある発達障害向けの学習塾

秋田県で発達障害の子どもが通える塾を紹介します。

子どもの個性を理解し、どのような塾なのか、できるだけわかりやすく書いていきます。

 

秋田県秋田市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾

 こどもサポート教室きらり あいあい クラ・ゼミ 秋田駅東校

こどもサポート教室は、発達に課題のある、発達に支援を必要とするお子さまを対象とした障がい児通所支援事業所です。こどもサポート教室ではお子さま一人ひとりの発達状況や、保護者さまの意向をうかがいながらオーダーメイドの支援計画をたて、マンツーマンを主とした療育を行います。 

所在地:秋田県秋田市手形字西谷地704-1 センティースマンション104

電話番号:018-838-7758

>>きらりあいあいクラ・ゼミの申し込みはこちら

個別指導塾ヒーローズ

クラス分けもない、マンツーマンの個別指導塾です。

所在地:秋田県秋田市泉南1丁目15-25SHINWAビル2F

電話番号:018-874-9671

>>家庭教師のランナーの申し込みはこちら

KATEKYO学院 

KATEKYOでは様々なお子様の指導を経験してきたプロ家庭教師がマンツーマン指導と個別担任制の特徴をいかし、発達障害で学校の授業についていけないお子様や、発達障害と確認したわけではないけれど遅れが目立つようになったお子様への学習指導を行います。 

秋田駅前校

所在地:秋田県秋田市中通2丁目1-36マグナスビル2F

電話番号:0120-00-1111

土崎駅前校

所在地:秋田県秋田市土崎港中央3丁目3-2ベイフロントビル2F

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

 

秋田県大館市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

KATEKYO学院 大館駅前校

詳細は秋田県秋田市の欄をご参照ください。 

所在地:秋田県大館市御成町2丁目15-27相馬ビル2F

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

 

秋田県男鹿市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県男鹿市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県鹿角市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県鹿角市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県潟上市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県潟上市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県北秋田市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県北秋田市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県仙北市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県仙北市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県大仙市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

KATEKYO学院 大曲校

詳細は秋田県秋田市の欄をご参照ください。 

所在地:秋田県大仙市大曲中通町3-13マルタツビル

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

 

秋田県能代市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

KATEKYO学院 能代校

詳細は秋田県秋田市の欄をご参照ください。 

所在地:秋田県能代市豊祥岱1-467佐藤ビル2F

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

 

秋田県にかほ市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県にかほ市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県横手市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

KATEKYO学院 横手駅前校

詳細は秋田県秋田市の欄をご参照ください。 

所在地:秋田県横手市前郷一番町13-14

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

 

秋田県湯沢市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

秋田県湯沢市の不登校に対応する塾は現在調査中です。

秋田県由利本荘市にある発達障害のお子さんにオススメの学習塾/家庭教師

KATEKYO学院 大曲校

詳細は秋田県秋田市の欄をご参照ください。 

所在地:秋田県由利本荘市谷地町122斎藤ビル3F

電話番号:0120-00-1111

>>KATEKYO学院の申し込みはこちら

発達障害のお子さんにおススメ教材3選

冒頭ですららのことを紹介しましたが、それも含めて、発達障害のお子さんにおススメの教材を紹介します。

インターネット教材【すらら】

https://surala.jp/viability/pc/img/header_logo.png

冒頭申し上げた通り、色々検討した結果、最も良い教材だったのが、すららでした。

・学年にとらわれない無学年方式

・理解に合わせて「反復」してくれるシステム

・子どもが大好きな映像学習

特に無学年方式の授業はどうしても遅れがちになる発達障害のお子さんの勉強の大きな味方になってくれると思います。

 

>>すららの資料請求はこちらから

 

進研ゼミ小学講座

進研ゼミ小学講座は、発達障害のお子さん専用の教材はありませんが、お子さんの学年とは違う学年の教材も受けられるので、勉強の進み方に応じて柔軟に調整可能です。実際に進研ゼミ小学講座を利用している発達障害のお子さんはたくさんいるそうです。

紙で作られた教材である「チャレンジ」のほかにデジタル教材として「チャレンジタッチ」があります。タブレット式で勉強できます。お子さんの特性に合わせてどちらかを選ぶことができます。

お子さんの学習についての相談も気軽にすることができますし、発達障害支援サイトがあり、お子さんとの関わり方についてアドバイスが詳しく書かれており、非常に参考になります。

 

>>進研ゼミ小学講座の詳細はこちら

 

スマイルゼミ

スマイルゼミはノートサイズの専用のタブレットにデジタルペンで書きこんで学習を進めていきます。

学校で使っている教科書と授業の進捗に合わせて、毎月決まった分量が配信されます。苦手なポイントを登録すればその部分を重点的に学べるシステムがあり、うまくそれを用いたり、勉強した分だけゲームがあったりとお子さんが楽しんで勉強できるため、子供のモチベーション維持に使えそうでした。保護者専用画面もあり、お子さんの学習の進捗状況などがす時間にわかるので、忙しい親御さんには特におすすめできる教材です。

対象学年は小学1年生~中学3年生です。教科は小学1~2年生までは国語、算数、英語で3年生~中学3年生までは国語、算数(数学)、社会、英語です。料金については、学年ごとに違うため、詳細はHPをご確認ください。

 

>>スマイルゼミの詳細はこちら